【サムエル・ムヒルワ】ルワンダ レメラ 200g | スペシャルティ珈琲専門店『珈琲専科』 

1/5

【サムエル・ムヒルワ】ルワンダ レメラ 200g

¥ 1,788 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

【商品名】レメラ
【原産国】ルワンダ
【エリア】南部県ニャマガベ
【農園】レメラ・コーヒーウォッシングステーション
【生産者】BUF Coffee(サムエル・ムヒルワ)
【標高】1920m
【品種】ブルボン
【生産処理】WS
【焙煎度】中浅煎り
【数量】生豆時200g※焙煎後は水分が無くなる為、10%-15%軽くなります。
【発送について】ご注文後3日以内に焙煎、焙煎後は直ちに発送致します。
【配送会社】郵便局のクリックポストにて、お客様のポストへ投函致します。
【梱包】珈琲豆を新鮮に保つアロマブレスという珈琲豆専用の袋に入れ、送料を抑える為ビニールの袋にて発送致します。
【送料】全国一律198円のみ頂戴します。
【賞味期限】焙煎から6ヵ月(焙煎はご注文後3日以内に行います。)

【商品紹介】
高地が生み出すフルボディの風味

千の丘のコーヒー
千の丘の国と呼ばれるルワンダは緑が多く、なだらかな丘陵が地平線の向こうまで続きます。この美しい丘の国ルワンダの1500-2000mの高原でコーヒー栽培が盛んに行われております。
 レメラ・コーヒーウォッシングステーションは、首都キガリから3時間ほど、ルワンダの代表的なコーヒー生産地である南部ニャマガベの標高1920mに位置します。コーヒーチェリーは、周辺に暮らす約3000人の小規模生産農家の手で生産されていますが、生産地域の最高標高は2200mまで達すると言います。


BUF Cofeeの歴史
レメラ・ウォッシングステーションは、ニャルシザCWSなどを保有するBUF Coffee社にとって初めてのウォッシングステーションとして2003年に設立されました。
 元々、コーヒー生産農家だったエピファニー女史が、夫亡き後コーヒー生産を引き継ぎ、7人の子供たちを育てるために、アメリカ国際開発庁(USAID)がサポートするルワンダのコーヒー生産プロジェクト参加したことがきっかけでした。そこで彼女は、コーヒーの生産と品質に関して研鑽を重ね、BUF COFFEEを設立。
 そうしてエピファニー女史は、レメラ・ウォッシングステーションをつくり、ルワンダでコーヒー生産を手掛けたファーストレディと呼ばれています。現在は、第一線から退き、息子のサムエル氏を中心に、3つのCWSを構え7000人のファーマーと共にコーヒーの生産を行うまで成長しました。


高品質なコーヒーと農民の支持に支えられ
1920mという高地に位置するレメラ・ウォッシングステーション。設立当初チェリーを持ちこむファーマーは500名程度でしたが、現在3000名以上を抱えるまでに成長を遂げたのは、ステーション周辺にいくつかのチェリー収集所を設け、トラックで集荷する事で農民の運搬による負担を軽減したことも大きな要因となっています。
 持ち込まれたチェリーは、一度粗選別を行った後に、タンクでフローター除去がされます。その後、水洗工程において比重選別がされ、重量のあるチェリー、パーチメントが選別されます。また、乾燥状態の均一化に関してはウォッシュド・ナチュラル共にパティオ全体の水分値が均一になるように撹拌・調整が細目に行われています。レメラには降雨対策として、10段におよぶ巨大な屋根つきアフリカンベッドが近年建設され、品質向上に大きく役立っています。


【カップコメント】
質が高く印象度のあるコーヒー
非常に標高が高いエリアで、フローラル、アプリコット、レッドアップル、みかん、少しスパイシーといった複合的に様々なフレーバーが感じられる質の高いフレーバーが特徴的に感じられました。また、フレーバー自体の強度もしっかりとしており、印象度の強い華やかなコーヒーに感じます。

酸の質感も、ルワンダですとシトラス系やリンゴのような酸の質を感じることが多いのですが、レメラはブドウのような酸を思わせ、土地の特異さからの多様性を感じて頂けるように思います。

ルワンダコーヒーが苦手な方にも是非試して頂きたい、クリーンで華やかな銘柄です。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (172)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,788 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品